Lumixで行こう!

マイカメラのLumixを使った写真Life

ベルボン ウルトラスティック BK7 を購入して試し撮りをしてみた。

こんばんは。コウです。

最近、腰を痛めて変な歩き方になっているようです。

 

おかげで動きが鈍く、ドアで足を挟むという二次被害にあってしまいました。

よる年波には勝てませんな。。。

 

さて、写真の方はちょこちょこtwitterにアップしていますが、新しくアイテムを買ったのでご紹介しておきましょう。

おそらく実用的な一脚の中では最小最軽量だと思われる「Velbon Ultra Stick BK7」を購入しました。

 

Velbon ULTRA STICK BK7

 

この一脚はVelbon製ですが、ビックカメラさんのオリジナル商品になっています。

YouTubeビックカメラさんの紹介動画もありますので貼り付けておきますね。

ベルボン ウルトラスティックBK7紹介動画


【ビックカメラ】ベルボン 一脚 BK−7 動画で紹介

 

縮長25.5cmととてもコンパクトでありながら、全高137cmとそれなりの長さを確保できます。

自分は雲台を使用する事が前提だったので、Velbon QHD-43D(現行品はQHD-43D Nになります)をつけました。

 

そうすると約146cmで、LUMIXのG8のファインダー位置は約153cmになりアイレベルを確保できます。

そのため、身長があまり高くないコウには使える高さになりました。爆

 

ちなみに雲台を装着したときの見た目はこんな感じです。

ちょっと雲台が大きく感じるかも知れませんね。

Velbon BK7+QHD-43D

f:id:RaishoKo:20180914174852j:plain

 

ビックカメラの動画だと、QHD-33やQHD-33Mをオススメしていますね。

そちらを付けると約2cm低くなる感じでしょうか。

 

BK7は、おそらく小柄な男性や高身長でない女性の方であれば使える高さだと思います。

ただ背の高い方々は、BK7ではなくSUPER 8の方をオススメしておきます。

 

ちなみにこのBK7は、Velbon SUPER 8の1段目の脚をとっぱらったものだと思います。

このSUPER 8は縮長26cmなのに、全高156cmにもなる凄まじい一脚です。

Velbon ULTRA STICK SUPER 8

 

 こちらも英語ですが紹介動画があったので貼り付けておきますね。

ベルボン ウルトラスティックSUPER 8 紹介動画


Velbon Super 8 statief demonstratie video

 

縮長と伸長を見ると全然 SUPER 8の方が良いじゃん!って思われるでしょうね。

まぁ、コウ自身も散々悩みましたから。

 

でも何でBK7にしたかと言うと、SUPER 8だと全開に伸ばす際に、広げた手が一杯一杯になりしっかりとロックをするのが難しい事が最も大きな理由でしょうか。。。

あとは、1段目が30mm径なのですが、スポンジを巻いているため結構太く感じて握りづらいとか。。。

 

まぁ、大柄な人では問題ないというか、SUPER 8の方が使いやすいかもしれません。

一応、この2機種の仕様を比較してみましょう。

 

Velbon ULTRA STICK SUPER 8 と BK7の仕様の比較

Velbon ULTRA STICK SUPER 8

本体重量:347g

縮長:260mm

伸長(全高):1560mm

脚径:30mm

推奨積載重量:3kg

段数:8段

 

Velbon ULTRA STICK BK7

本体重量:276g

縮長:255mm

伸長(全高):1370mm

脚径:27mm

推奨積載重量:3kg

段数:7段

 

数値で比較してみると全高以外はBK7の方が優れているように感じてしまいますね。

脚径は太い方が良いと判断される方も多いかと思いますが、推奨積載重量が同等であるため、コンパクトな27mm径を優としました。

 

縮長に関しては5mmしか差がありませんが、太さの差は3mm以上に感じるかと思います。

何故なら、SUPER 8は30mm径に肉厚のスポンジを巻いていますが、BK7は薄手のラバーを巻いています。

 

そのため、SUPER 8と比べるとBK7はかなりコンパクトに感じるかと思います。

ただ、値段が500円程度しか変わらないため、全高が19cm高いSUPER 8の方がお得に感じてしまう人もいるでしょうね。

 

ただ、コウの場合は雲台を用いればBK7でもアイレベルを確保できてしまいます。

また、それ以上の高さが欲しい場合はベルトポッド的に使用する事でカバーする事を考えたため、SUPER 8ではなくBK7を選択しました。

 

そして、ベルトポッド的に使用するために購入したものがこの一脚ホルダー。

中華製三脚で有名なBenroの商品ですね。

Benro 一脚ホルダー

 

基本は一脚ホルダーですが、ホルダー以外に一脚をベルトポッド的に使うためのポケットも用意されています。

ところで、ベルトポッドって何?って思われたでしょうか?

 

知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、ベルボンさんの商品リンクを貼り付けておきますね。

ベルボン株式会社 ベルトポッド

商品リンクの写真にあるように、ベルトポケットに一脚の先端を挿し込み、一脚として使用する商品です。

 

ただ、このBenroの一脚ホルダーがあれば、一脚を腰にぶら下げて携帯する事もできれば、ベルトポッドのように使用する事もできます。

とりあえず購入した商品を写真に撮ってみましたのでどうぞ。

 

Benro 一脚ホルダー 表

f:id:RaishoKo:20180914214544j:plain

 

この写真サイズで見ると分かるかと思いますが、2箇所ポケットのようになっているのが分かるかと思います。

奥は貫通していて一脚をぶら下げる部分、手前はポケットになっていて一脚を挿し込む部分になっています。

 

Benro 一脚ホルダー 裏

f:id:RaishoKo:20180914214651j:plain

 

裏にはベルトへの固定バンドがついています。

マジックテープ式になっていてベルトに固定することができるようになっています。

 

Benro 一脚ホルダー 上

f:id:RaishoKo:20180914215051j:plain

 

上から見た感じです。

ホルダーに使用する部分ですが結構大きめに作られています。

 

自分が持っている最大径の一脚は29mmにスポンジを巻いたものがありますが、その脚は入りました。

ほぼ丁度なサイズであったため、SUPER 8も入るかと思いますが、ため指定なので保証はいたしません。。。

 

BK7に関しては、かなり余裕があってスカスカなサイズになります。

そのため、雲台のカメラ台部分を引っ掛けて使用する事になります。

 

見た目はこんな感じになります。

f:id:RaishoKo:20180915061541j:plain

 

雲台をつけても鞄の大きさ次第で収納できるサイズではありますが、この方が使いやすいかと思っています。

また、挿し込み穴に余裕があるので比較的出し入れはしやすいかと思います。

 

残念ながらベルトポッド的に使用するための穴はまだ使用していません。。。

群衆の中で、上からどうしても撮りたい場面に遭遇すると使う予定です。笑

 

さて、折角なので「ベルボン ウルトラスティック BK7」を使用して撮影した作例を何枚かご紹介しましょう。

 

Twitterにアップした写真も含まれていますが、まずはマクロ撮影からです。

最近は風が強く被写体が揺れてしまうため、難しい撮影が多かったです。

 

そのため、ピントが微妙なものもありますがご容赦頂ければなと思います。

使用したのは一脚ですのであくまでも補助となります。

 

まぁ、風が強い場合は三脚を用いても被写体の揺れは防げませんが。。。

 

作例 ニチニチソウLEICA DG MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | ニチニチソウ 1

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F11, 1/125, 90mm(35mm換算)

この作例は課題の残る写真になりました。

水滴に映る世界を真ん中よりの大き目の水滴にピントを合わせた方が良かったなと。

絞りに関しては、水滴の球体をしっかり表現したかったので、F11まで絞り込んでいます。

どの程度絞れば良いかわかりませんが、水滴をしっかりと表現するには絞り込んだ方が良いようです。

 

作例 ニチニチソウ2| LEICA DG MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | ニチニチソウ

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARITE 45mm/F2.8, F11, 1/60, 90mm(35mm換算)

こちらはもう一輪のニチニチソウの中心を左上に持ってくきて、日差しがさしているように見立ててみました。

Twitterにもアップしていますが割と気に入っている作例です。

 

ちなみに2枚とも外付けストロボのFL200Lにワイドパネルを装着して撮影しています。

 

作例 コスモス| LEICA DG MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | コスモス

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F11, 1/60, 90mm(35mm換算)

こちらは日没後に外部ストロボのFL200Lを使用して撮影しました。

一番大きな水滴にピントを合わせたかったのですが、残念ながらズレてました。。。

 

ただ、手持ちで撮影するよりも一脚を使った方が遥かに楽です。

成功率が上がるため、撮影時間と編集時間を短縮する事ができますね。

 

作例 コスモス| LEICA DG MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | コスモス

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F8.0, 1/125, 90mm(35mm換算)

こちらもさっきと同様、日没後のコスモスになります。

絞りをF8.0に設定してみました。

 

F8.0でもそれなりにしっかりとした水滴になっているなと感じます。

現像は、背景の暗さを強調してローキーっぽさを出してみました。

 

本当はクリエイティブコントロールを使いたいのですが、ストロボを使用しているため、クリエイティブコントロールを使えません。。。

パナソニックさんには、ストロボ使用時でもクリエイティブコントロールを使えるよう頑張ってもらいたいですね。

 

作例 マツバギクLEICA DG MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | マツバギク

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F8.0, 1/100sec, 90mm(35mm換算)

マツバギクの作例は2枚ともTwitterにアップした写真になりますね。

こちらも、ストロボを使用しているためクリエイティブコントロールが使えません。

 

そのため、現像にてコントラスト調整で柔らかさを出してみました。

 

作例 マツバギクLEICA DG MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | マツバギク

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F8.0, 1/60, 90mm(35mm換算)

こちらは何か分からないかもしれませんが、マツバギクの葉になります。

プルプルした果肉っぽさが魅力的ですね。笑

 

この写真はSILKYPIXのテイスト「デジタルクロスプロセス ブルーグリーン」を使用しています。

このクロスプロセスと植物の緑との相性は抜群ですね!

 

作例  ホテイアオイLEICA DG MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | ホテイアオイ

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F10, 1/60, 90mm(35mm換算)

最近撮影した写真の中では最も気に入っている写真です。

こちらは絞りをF10にしてみました。

 

何となくF10が水滴を綺麗に表現している気がします。

ただ、この写真は上からの太陽の光と前からのストロボの光のバランスがとても良く、とても綺麗に撮影できた事が1番の要因だとも思っています。

 

いつもこれだけの状況を作り出せる技術があれば良いなと思いました。

やはり、写真は撮って覚えていく部分が沢山あるなと。

 

作例 ホテイアオイLEICA DG MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | ホテイアオイ

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F10, 1/60sec, 90mm(35mm換算)

こちらは、シベについている水滴をもっと上手く表現したかったのですが難しかったです。。。

色々試したのですが、結局画像を少し暗めに調整する事で見やすくしてみましたが、イマイチですね。

 

もっと色が濃い花だと綺麗に表現できたかもしれませんね。

 

作例 夕暮れの街並みと富士山 | LEICA DG MACRO 45mm

LUMIX MACRO 45mm | 作例 | 夕暮れの街並みと富士山

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F8.0, 0.5sec, 90mm(35mm換算)

一脚の紹介にマクロ撮影ばかりも何なので、長時間露光?も撮ってみました。

夕暮れ時の風景です。

 

クリエイティブコントロールを使える条件ではあったのですが、どんどん暗くなってしまい、残念ながらこの一枚しか撮影できませんでした。。。

そのため、SILKYPIXの現像で彩度やコントラスト、明瞭度等をあげる事(その他色々弄ってます)でインプレッシブアート風にしてみました。

 

換算90mmでF8.0、シャッター速度0.5秒は結構優秀ではないでしょうか?

手ぶれ補正が強力になってきたとはいえ、手持ちだと流石にこの条件は無理かと思います。

 

今回一脚を使用してみて、むしろ手ぶれ補正が強力になってきたからこそ、一脚の優位性があがってきたように感じます。

そういう点でも、コンパクトで気軽に持ち運びができるベルボンのウルトラスティックシリーズはとてもオススメできる一脚です。

 

値段も三脚ほどは張らないので、検討してみてはどうでしょうか?

ただ、脚のロック方法が独自の機構であるため店頭で触ってみる事をオススメします。

 

伸縮が簡単だと感じる人も多いですが、苦手だと感じる人もいるようです。

何にせよ、このロック機構が初めての方は本番前に家で何度も練習する事をオススメします。

 

また、動画記録中の高さ調節はできないものと考えた方が良いと思います。

ロック機構上、ブレなく高さ調節をするのは困難だと思います。

 

コウはこのウルトラロック機構に慣れているため、むしろ使いやすいと思ってます。

最大まで伸ばすのはもちろんですが、途中の脚で固定したい場合は、ロックを全て外した後に自重で伸ばしきり、ロックしたい箇所を捻って仮止めし、余った脚を収納して完全にロックする手法を取ってます。

 

ただ、伸ばした後に長さ調節をする場合、2段目で微調整する事は比較的容易ですが、2段以上の長さを調節するのは、脚のロックを全て解除してやり直す事になるかと思います。

どうしても脚の全解除をしたくないという人は、滑り止め付きの手袋を使用すればできなくはないです。

 

最後は、オマケですが自撮り棒的に使ってみました。爆

BK7を使った自撮り | LUMIX GF7 + LEICA 15mm

BK7を使った自撮り | LUMIX GF7 + LEICA 15mm

LUMIX GF7, LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7, F1.7, 1/60, 30mm(35mm換算)

 

「背景ないんかーい」と突っ込みたくなりますが、観光地でもない場所で自撮りするのは恥ずかしいので室内です。。。

折角サングラスをしたのですが、透過率がそれほどではないため目が見えてしまったので、お絵描きました。

 

このBK7は2段目に小さなスポンジがついているためそこを握って捻れば2段目の伸縮は容易に行えます。

そのため、それほど遠くから自撮りは出来ませんが、一人であれば割と十分な距離を稼げるかと思います。

 

換算30mmでこれだけ空間を空けられますのでSNS的には十分ではないでしょうか?

腕をもっと伸ばせば広く撮れますし、3,4段目まで伸ばせば普通の自撮り棒並みの長さになります。

 

また、GF7ですが自撮り用のシャッターモードがあり顔を手で隠して、顔を出すとシャッターが切れるモードがあります。

そのため、セルフタイマーやリモコン無しでも自撮り棒で自撮りができてしまいます。

 

少しズレてしまいますが、自撮り好きのSNSユーザーにはGFシリーズをオススメしておきます!笑

また、GFシリーズに付いてくるキットレンズは換算24mmであるため、もっと広く撮影できるので背景も入れやすいかと思います。

 

という事で久しぶりのブログを終わりにしたいかと思います。

いつもながら商品リンクを貼っておきますのでどうぞご利用くださいね。

 

ではでは、コウでした!

 

今回紹介した機材

Velbon ULTRA STICK BK7

Velbon ULTRA STICK SUPER 8

Benro 一脚ホルダー

 

関連記事リンク等

最新記事一覧

lumixdeiko.hatenablog.com

 

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 作例 まとめ記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

外付けストロボ DMW-FL200Lの記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

 

使用したカメラとレンズ 

LUMIX G8

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)
lumixdeiko.hatenablog.com

lumixdeiko.hatenablog.com

LUMIX GF7

最新型モデル(GF10)

旧新型モデル(GF9)

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

ブラック 楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

シルバー 楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

ブラック Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

シルバー Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

lumixdeiko.hatenablog.com

 

 スポンサーサイト

夏空に花を添えて | LEICA MACRO 45mm & LEICA 12-60mm

こんばんは。コウです。

今日の関東は見事なほどに台風一過でした。

 

もうすぐ夏も終わりかな?

と少し思っていたのですが、まだ続きそうな気温ですね。

 

それでも、秋には向かっていると思うので撮り残しのないよう夏を撮ってきました。

記事タイトルの通り、夏空を背景に花を入れた写真を。

 

今回は、7枚の写真になってます。

最近は、1記事の写真数を多めにして更新頻度が少なめになってますね。

 

ただ、Twitterの方ではそれなりに写真がアップされていますのでチェックしていただければと思います。

それではいってみましょう!

 

まずはサルスベリから。

最初の2枚はLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8です。

 

作例 夏空と百日紅(赤) | LEICA MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | 夏空と百日紅(赤)

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F5.0, 1/640sec, 90mm(35mm換算)

 

次はピンク色のサルスベリ

 

作例 夏空と百日紅(ピンク)) | LEICA MACRO 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | 夏空と百日紅(ピンク)

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F5.6, 1/800sec, 90mm(35mm換算)

 

そして、白と赤のサルスベリ

ちなみにここからは、LEICA DG 12-60mmを使いました。


作例 夏空と百日紅(白と赤) | LEICA12-60mm

LEICA 12-60mm | 作例 | 夏空と百日紅(白と赤)

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F7.1, 1/640, 120mm(35mm換算)


次の2枚は、花壇の花で広角から標準よりで撮ってみました。

1枚目はペンタスを、2枚目はブルーサルビアをメインにしてみました。

 

作例 夏空とペンタス | LEICA12-60mm

LEICA 12-60mm | 作例 | 夏空とペンタス

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F7.1, 1/500, 24mm(35mm換算)

 

ペンタスの後ろで顔を出すブルーサルビアも良い感じですね。

次はブルーサルビアで縦構図。

 

作例 夏空とブルーサルビア | LEICA12-60mm

LEICA 12-60mm | 作例 | 夏空とブルーサルビア

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F7.1, 1/400, 40mm(35mm換算)

 

何気に熊蜂さんが入っています。

ちょっと雲の量が多いですね。

もう少し空を綺麗に撮りたかったのですが、中々難しかったです。。。

 

次の2枚で最後です。

ここから大きめの花にいってみましょう。

 

作例 夏空と蓮  | LEICA12-60mm

LEICA 12-60mm | 作例 | 夏空と蓮

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F8.0, 1/800, 120mm(35mm換算)

 

おそらく普段見慣れている蓮とは違う種類だと思います。

今年は、残念な事に蓮を良いタイミングで撮れませんでした。

 

来年良いタイミングで出会えれば嬉しいですね。

そして最後はひまわりです。

 

作例 夏空とひまわり  | LEICA12-60mm

LEICA 12-60mm | 作例 | 夏空とひまわり

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F8.0, 1/640, 88mm(35mm換算)

 

こちらも普段見慣れているひまわりとは違う種類ですね。

モネのひまわりだったと思います。

 

ひまわりにも色々ある事を知りませんでした。。。

そして、絵画を思い浮かべてちょっと感動してしまいました。

 

写真に撮るだけではなく、絵画なども色々見て勉強するともっと違う角度で写真と向き合えるかもしれませんね。

 

今回の記事は、夏空と花をテーマに撮ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

たまにはこういうのも悪くないなと自己評価。

 

花も素敵ですけど、青空も素敵な題材だと思っています。

季節毎にこのテーマで撮るのも良いかもしれませんね。

 

LEICA 12-60mmレビュー記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

LUMIX 12-60mmとLEICA12-60mmの近接撮影能力の比較記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 作例 まとめ記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

 最新記事一覧

lumixdeiko.hatenablog.com

 

使用したカメラとレンズ 

LUMIX G8 価格比較リンク

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 価格比較リンク

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)
lumixdeiko.hatenablog.com

lumixdeiko.hatenablog.com

lumixdeiko.hatenablog.com

 スポンサーサイト

夏の川崎 〜 工場夜景撮影の旅 〜

こんばんは。コウです。

タイトルが旅のタイトルになってしまってますね!笑

 

でも、お盆休みに何処にも行っていないコウにとっては、この工場夜景撮影が旅行みたいなものです!笑

2日連続となりますが、川崎の工場夜景撮影に行ってきました!

 

今回は、川崎千鳥町に行ってきました。

工場夜景の記事はこれで2本目ですね。

  

前回の記事はこちら。

lumixdeiko.hatenablog.com

 

川崎の千鳥町までの経路ですが、京急大師線小島新田駅から徒歩30分ぐらいでしょうか?

小島新田駅から、iPhoneのSiriで「日本触媒前までの経路」と言って道案内をしてもらいました。

 

小島新田駅からの経路

f:id:RaishoKo:20180818102931p:plain

 

改札を出てそのまま進むと、歩道橋に登る階段があるので、そこを登ってそのまま地図上のルートを進んでいきました。

おそらく道に迷うことなく行けるかと思います。

 

前回は、工場夜景撮影時のカメラ設定について書いていなかったので、今回は書いてみましょう。

 

工場夜景撮影時のカメラ設定

  • レンズ、及びボディ内手ぶれ補正はOFF。
  • F値はF5.6〜9.0程度で、ISOは出来るだけ低めにし、シャッター速度で露出調整。
  • 撮影モードはマニュアルで、露出はアンダー気味(暗め)になるようにする。
  • フォーカスは、マニュアルフォーカスに設定
  • 長秒ノイズ除去をON。

こんな所でしょうか?

 

手ぶれ補正は、数秒単位になると切っておいた方が良いかと思います。

最初はONにして撮影していたら、かなりヒドイ揺れになっていました。

風で揺れたものとは思えない程のブレだったため、OFFにするとまともなブレ加減になっていたため、やはり説明書の通りOFFにしておいた方が無難かと思います。

 

F値についてですが、これはあくまでマイクロフォーサーズの設定値です。

他の大きなフォーマットに関しては、もう少し大きめになるかと思います。

 

夜景撮影は、現像を前提に撮影した方が良いかと思います。

白飛びをすると、取り戻せないためアンダー気味(暗め)で撮影して、現像で調整するのが良いかと思います。

 

フォーカスについてですが、暗いためオートフォーカスの精度が落ちることと、三脚に固定した状態で何枚か撮影するため、フォーカスを固定していた方が撮影しやすい事もありマニュアルフォーカスで行いました。

オートフォーカスでも良いかもしれませんが、試していないため何とも言えません。。。

 

長秒ノイズ除去は、長時間露光時特有のノイズを取り除いてくれる機能です。

ただ、撮影時のシャッター速度と同じ時間をかけて除去をするため、倍の時間がかかってしまいます。

それでも、画像のディテールには影響がないため、瞬間を狙う必要がない場合はONにした方が良いと思います。

 

ツラツラと書いてみましたが、この辺は基本的に本の受け売りというやつですね。

また、工場撮影場所なども本を読んで調べました。

 

前回の記事も同様ですが、初めて工場夜景を撮影したコウでもそれなりに撮影できたのはこの本のおかげです。

夜の絶景写真 工場夜景

 

撮影や現像のコツ、日本の工場夜景の名所ガイドも載っているため、工場夜景に挑戦してみたい方は読んでみてはどうでしょうか?

工場夜景に特化していますが、初めて工場夜景に挑戦したコウにとっては、とても参考になりました。

 

レンズの選択も、この本に撮影場所毎に焦点距離が記載されているので、それを参考に持ち出しました。

今回撮影に使用したレンズは、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0とLUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6になります。

 

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

 

LEICA 12-60mmは、使用頻度も多く説明する必要もないかもしれませんが、広角から望遠域まで、高い解像度を持っており広範囲での風景撮影ではとても良いレンズだと思います。

m43のレンズの中では320gと重い部類に入りますが、それでも他のフォーマットに比べれば軽い部類に入ります。特に、比較的明るい5倍ズーム(換算:24-120mm)という事を考えれば、驚異的な軽さになります。

 

また望遠レンズには、LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6を使用しました。

LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6

 

鏡筒はプラスチック製で、少々安っぽいですが、その代わり210gと換算90-350mmとは思えないほど軽量です。

そして、光学系は見た目以上に優秀で、こちらも全領域で高い解像度を持っています。

 

今回使ってみて思ったのは、ブレの気になる望遠域の長時間露光撮影においてこの軽さと解像度はとても大きな武器なのでは?と思いました。

あまり深く考えず持ち出しましたが、長時間露光撮影にはとても相性の良いレンズだと感じました。

 

それでは、工場夜景撮影の旅で撮影した写真の紹介といきましょう!笑

今回は、CGっぽさは少なくして現実感の残る仕上がりを意識してみました。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 1 | LEICA 12-60mm

LEICA 12-60mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 1

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F8.0, 5sec, 54mm(35mm換算)

 

今回の撮影は、前回より時間があったため、レンズ交換をしながら撮影してみました。

次の写真は、結果的に、レンズ交換の必要性がなかったのですが、アップで撮影した写真です。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 1 | LUMIX PZ 45-175mm

LUMIX G X 45-175mm |作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 2

LUMIX G8, LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6, F10, 4sec, 102mm(35mm換算)

 

F値が10になっていますね。。。

これは多分、シャッター速度を下げるつもりが間違えてF値を上げてしまったのだと思います。。。

 

でも、まぁ割と綺麗に撮れているかと。

ただ、カメラ設定についてはしっかりと確認しないといけませんね、、、反省です。


作例 川崎千鳥町 工場夜景 3 | LEICA 12-60mm

LEICA 12-60mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 3

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F8.0, 4sec, 120mm(35mm換算)


 工場夜景としては、空の部分が多くなりすぎてますが、この写真はお気に入りの一枚です。

夜景に限らず、奥行き感のある写真は個人的に好きな写真なんです。

 

次は、望遠レンズでグッと寄ってみました。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 4 | LUMIX PZ 45-175mm

LUMIX PZ 45-175mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 4

LUMIX G8, LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6, F9.0, 5sec, 320mm(35mm換算)

 

寄った写真は、機械感が増えて面白いですね。

被写体は変わりますが、引き続きLUMIX PZ 45-175mmでアップ写真。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 5 | LUMIX PZ 45-175mm

LUMIX PZ 45-175mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 5

LUMIX G8, LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6, F9.0, 3.6sec, 350mm(35mm換算)

 

なんかロボットみたいで面白くて好きです。

プラントの形に意味はあるのだと思いますが、色々と違う形があって撮影する方は楽しめますね。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 6 | LEICA 12-60mm

LEICA 12-60mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 6

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F8.0, 6sec, 120mm(35mm換算)

 

錆び感を狙ってみたのですが、少しインパクトに欠けますねぇ。

今度は望遠レンズで、気を取り直してもう一枚。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 7 | LUMIX PZ 45-175mm

LUMIX PZ 45-175mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 7

LUMIX G8, LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6, F9.0, 8sec, 350mm(35mm換算)

 

割と普通な感じですが、個人的に後からジワジワとくる作例です。笑

 

次は遠景でしょうか?

ここからは、LUMIX G X PZ 45-175mm/F3.5-5.6 のみですね。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 8 | LUMIX PZ 45-175mm

LUMIX PZ 45-175mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 8

LUMIX G8, LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6, F9.0, 5sec, 138mm(35mm換算)


川を入れて撮りたかったので。。。

もっと、水面に映りこみが綺麗に出たら良かったのですが、まぁ今回はこんなもので。。。

 

次は、グッと寄ってみました。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 9 | LUMIX PZ 45-175mm

LUMIX PZ 45-175mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 9

LUMIX G8, LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6, F9.0, 5sec, 350mm(35mm換算)

 

最後の一枚は、千鳥橋からの写真です。

揺れやすい橋の上からである事、そして橋の上という事もありとても風が強く、撮影するのにかなり苦労しました。。。

 

使用した三脚は、Velbon UT-45 (雲台はQHD-U5Dに変更)で、トラベル三脚の中でも軽量のものになりますが、これだけ風が強いとハスキークラスの重量級三脚でないと厳しいのでは?と思ってしまいました。

ただ、電車で移動する人は、重量級の大型三脚は、他の乗客の迷惑になったり、体力の消耗にもなるのであまりオススメ出来るものではありません。

 

個人的には、UT-45よりワンランク上のシリーズをオススメしたいのですが、コウ自身が思っていた以上に、工夫次第でUT-45 (雲台はQHD-U5Dに変更)で撮影できてしまいました。

ただ、コウが使用しているカメラが、マイクロフォーサーズ(m43)で軽量級の一眼カメラである事もあるとは思いますが。。。

 

UT-4系とm43の良いところは、毎日持ち歩けるサイズと重量です。

工夫をする必要はあるかもしれませんが、このセットでもこのレベルのものは撮影できるという事が分かり、コウ自身驚いています。

 

あれ?少し話がそれてしまいましたね。

すいません。

 

写真の紹介に戻りましょう。

最後は、風と地面の揺れが気になるため、ISO400まで上げなんとか撮影をしてみました。

 

作例 川崎千鳥町 工場夜景 10 | LUMIX PZ 45-175mm

LUMIX PZ 45-175mm | 作例 | 川崎千鳥町 工場夜景 10

LUMIX G8, LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6, F9.0, 5sec, 350mm(35mm換算)

 

風と地面の揺れに悩まされて、苦労して撮った一枚です。

そう言った部分もありますが、色々含めて今回の写真の中で一番気に入っている写真になります。

 

撮影は、橋の真ん中では揺れが大きいので、端の方で撮影しました。

風は、あまりにも強く風よけの傘が吹き飛ばされそうになったので、弱くなった時を狙って撮影しました。

 

まぁ、船があればもっと最高だったのですが、お盆だった事もあるので仕方なかったかもしれませんね。

今回は、前回ほど近い距離で撮れなかったため、迫力では劣りますが、時間に余裕があったため、色々撮影できて良かったです。

 

色々撮れて楽しかったので、ついついコラージュを作ってしまいました。

こうして見ると中々煌びやかで良いですね。

 

夏の川崎 〜 工場夜景撮影の旅 〜 コラージュ写真

f:id:RaishoKo:20180818154439j:plain

無料ソフトなので、あまり解像度は良くないですが、雰囲気を楽しむ分には問題ないかもしれませんね。

なんか、本当に旅行に行った気分になれました!笑

 

LEICA 12-60mmレビュー記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

LUMIX 12-60mmとLEICA12-60mmの近接撮影能力の比較記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

 最新記事一覧

lumixdeiko.hatenablog.com

 

使用したカメラとレンズ 

LUMIX G8 価格比較リンク

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 価格比較リンク

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6

Velbon ULTREK UT-45

 ROWA JAPAN リモコン レリーズ Panasonic

その他関連記事のリンク

lumixdeiko.hatenablog.com

lumixdeiko.hatenablog.com

 スポンサーサイト