Lumixで行こう!

マイカメラのLumixを使った写真Life

水滴と光の写真の撮り方

こんばんは。コウです。

最近は、屈むことがキツく室内撮影がメインとなっています。

 

屋外で立って撮影することはできるのですが、ローアングルの撮影は難しいようです。

そういう訳で、という事もありませんがテーブルフォトの撮影テクニックについて軽く書いてみようかと。

 

コウは、写真撮影の中でもマクロ撮影が一番好きなんじゃないかな?と思っていますが、あまりテーブルフォトはやっていませんでした。

ただ、一人の写真家に心を打たれテーブルフォトにも興味を持つようになりました。

 

その方は、以前もブログで紹介した水滴写真家の浅井美紀さんです。

今回、浅井さんの書いた撮影テクニックの本を購入したので、ご紹介したいと思います。

 

しずく作品集&撮影テクニック | 浅井美紀

 

SONYさんのサイトで撮影テクニックを紹介していますが、やはり本になるとより詳しい解説になりますね。

揃える道具についても、「こうだからこれが良い。」や「こうなるからこれは駄目。」と書いてあります。

 

SONYさんのサイトでも、ある程度できると思いますが、失敗したくない方は2000円足らずですし購入して読まれた方が良いかと思います。

コウはこれまで、水滴を作るのに点眼容器を使っていましたが、これだとかなり大きい水滴になってしまうようですね。

 

本に習ってダ○ソーさんの化粧品コーナーにあるスポイトを購入したところ物凄く水滴が作りやすくなりました。

安いけど良い水滴が作れるところもGoodです!

 

まぁ、ただ本を読んでいると浅井さん随分100均が好きだなと思ってしまいますが、、、笑

それは置いておいて、撮影テクニックの本を読んで撮ってみた作例を紹介していきましょう。

 

今回頑張って撮影してみたのですがそれほど多く撮れなくて3作例となってしまいましたが、、、

まずはスポイトの流れで水滴写真から。

 

作例 ガーベラとカーネーション | LEICA DG MACRO 45mm

LEICA DG MACRO 45mm | 作例 | ガーベラとカーネーション

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F10, 1sec, 90mm(35mm換算)

 

100均のスポイトを使う事で、かなり小さな水滴を作る事が出来たため、多くの水滴を並べる事ができました。

また、本中のアドバイスに従って水滴を調整したら、全ての水滴の中のカーネーションにピントを合わせることができました。

 

こういう本を出してくれる事って本当にありがたいなと思っています。

ちなみに、浅井さんは水滴の花の後ろの背景も割と入れていますが、自分の場合は入れたくなかったので、花の後ろで壁に向かってストロボを焚いて白い背景にしてみました。

 

小物撮りをする方は、ストロボを焚いて白トビさせるテクニックはよく使うかと思いますが、参考までに書かせて頂きました。

次は、SONYさんのサイトでも書かれていたセロハンとLEDライトを使った独特の世界観の背景を作ってみました。

 

作例 ガーベラとピンク色の輝き | LEICA DG MACRO 45mm

LEICA DG MACRO 45mm | 作例 | ガーベラとピンク色の輝き

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F4.5, 1/15sec, 90mm(35mm換算)

 

この作例は本を見なくてもSONYさんのサイトを見れば撮れるかと思います。

ただ、本には前ボケについて書かれているものもありましたので、一応それに合わせて前ボケを作ってみました。

 

ただ、ちょっと存在感が大きすぎましたね。。。

本にはちゃんと前ボケについての注意点も書かれてあったのですが、前ボケを作りましたという意思表示をしたかったので、少し強調して作ってみました。

 

背景は見てわかると思いますが、ピンク色のセロハンにLEDライトを照射して作りました。

また、ガーベラの水滴は霧吹きでランダムに水滴を吹き付けた後、スポイトでバランスを考えながら水滴を配置しました。

 

ちなみに、外部ストロボで天井バウンスを行っています。

使ったストロボはDMW-FL360Lになります。

 

話変わりますが、最近このストロボの回転式のダイヤルが調子悪くて困っています。。。

修理費用いくらかかるでしょうか?

 

稀に、このダイヤルが壊れやすいという情報を目にしますが、自分にも降りかかってきましたね。

Nissinのi40ほどではないですがコンパクトで通常使用では十分の機能なので気に入っているのですが。。。

 

さて、最後の作例です。

こちらは水面の反射を利用した写真です。

 

作例 秋桜と満月 | LEICA DG MACRO 45mm

LEICA DG MACRO 45mm | 作例 | 秋桜と満月

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F2.8, 1/8sec, 90mm(35mm換算)

 

この作例は、黒いお盆に水をはってその反射を利用した写真ですね。

SONYさんのサイトには黒いお盆を使ってと書かれていたと思いますが、本には滑り止め加工がされているものは駄目だと書かれていました。

 

確かに凸凹のあるお盆でやってみたのですが、うまく反射しませんでした。

当然ではありますが、やはり本の方が細かく書かれていますね。

 

本ではグラデーション等の壁紙(著作権フリー)や自分で撮影した写真をモニターや紙にプリントアウトして水面に映すと書かれていました。

そこで、コウは先日撮影した満月の写真を使ってみることにしました。

 

月といえば秋かな?と思い、秋にちなんだ秋桜を満月とコラボレーションです。

テーブルフォトだとこんな非現実的な写真も、合成なしで撮影できてしまうので楽しいですね。

 

ちなみに、秋桜をのせているのはビー玉で、右奥の玉ボケもビー玉です。

手前の薄い玉ボケは、モニターにシワを作ったラップを貼り付けてLEDライトで照らしてみました。

 

思ったより上手くいって満足です。

この写真は個人的にかなり気に入ってます。

 

他にも色々と写真をアップ出来たらなと思うのですが、中々沢山写真が撮れなくて。。。

そんな訳で作例に関しては、この3枚でおしまいです。

 

でも、この本にはまだまだ水滴写真のコツが色々と書かれています。また、タンポポの綿毛の採取の仕方や撮り方等とても詳しくアドバイスが書かれていました。

その他にもLitght roomでの現像のコツなんかもありました。

 

浅井美紀さんの作品も多数掲載されていますし、興味のある方は是非読んでみてはどうでしょうか?

コウももっと熟読して色々と作品づくりに役立てたいと思っています。

 

それでは、今日はこの辺で。

良い写真ライフを!

 

関連記事リンク等

最新記事一覧

lumixdeiko.hatenablog.com

 

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 作例 まとめ記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

外付けストロボ DMW-FL200Lの記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

使用したカメラとレンズ 

LUMIX G8

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)
lumixdeiko.hatenablog.com

lumixdeiko.hatenablog.com

 スポンサーサイト

カメラのイメージセンサーを傷付けたと思い秋葉原LUMIX修理工房に行ってみた。

こんばんは。コウです。

最近、twitterでセンサーを傷付けてしまったとテンパっていました。

 

どうしてそういう事になったかと言うと、最近の写真でセンサーの汚れが気になるようになっていました。

ブロアーでシュコシュコやっていましたが、全く取れなかったため、切らしていたエアダスターを購入して吹きかける事に。

 

その際、購入したのがノズルを自分で先端に装着するタイプだったのですが、装着があまかったようで、噴射と同時にノズルが飛んでセンサーに当たってしまいました。

恐る恐るセンサーを覗き込んでみると、、、

 

f:id:RaishoKo:20180930152548j:plain

 

きっ傷が入っている。。。

と思い、呆然としてしまいました。

 

一応軽く試し撮りをしてみようと、窓から空を撮影。

f:id:RaishoKo:20180930152800j:plain

 

あぁ、、、しっかりと写り込みました。

しばらく思考停止状態で半泣きだったのですが、取り敢えず電話しなければと思い、下記のページの電話番号に電話をしてみました。

www.panasonic.com

 

電話によると、預かりは郵送の日にちを合わせて5日程度になるが、値段がわからないとの事で、最寄りのパナソニック修理サービス拠点へ行く事に。

www.panasonic.com

 

ここで、受付の人に状況を説明して10月6日に使いたいと相談してみました。

すると電話で問い合わせをして頂き、「傷が入っていた場合、撮像素子の部品代は32,000円で技術料10,300円で税込45,684円になって、もしそれ以上深く傷が入っていればそれ以上になる。」

との情報を得ることができました。

 

ただし、休日は工場へ配送していないため、10月6日に間に合う補償ができないとの事で、秋葉原にあるLUMIX&Let's note修理工房をご紹介頂きました。

休日は混み合っているので予約はした方が良いが、ここなら即日対応可能だとの事だと教えてもらいました。

即日修理サービス - サポート - Panasonic

 

ただ、サイトをよく読んでみると一眼カメラは即日修理はできないと書かれていたのですが、早急に対応はして貰えそうだったので取り敢えず電話をしてみました。

電話をしてみると、やはり一眼カメラは即日修理はできないとの事でした。

 

ただし、その場で技術の方が診断をしてくれるので、持ち込む事ができるのであれば早く仕上がるとの事。

一応WEB上では郵送の受付もしているようですが、やはり持ち込む方が早いとの事だったので行ってみる事にしました。

 

最寄り駅はJR秋葉原駅になります。

秋葉原駅の電気街口改札を出て、5,6分ってところでしょうか?

f:id:RaishoKo:20180930155602p:plain

 

道順の写真を撮ろうかと思ったのですが、人が多い事と建物が建て変わりそうで余計に混乱しそうな気がしたのでやめました。

割と地図通りに行くことができたので、スマホを持っている方であれば大丈夫かと思います。

 

着いたら番号札を取って10分程待ってました。

受付窓口は4〜5席程度だったので混み合うと確かにかなり待つ事になりそうですね。

 

呼ばれて、状況を説明したら技術の人に見せてきますねと言って、カメラを持って奥に行ってから数分。。。

戻ってきたら、「溶剤で軽く拭いたら取れたので、クリーニングだけで済むかもしれません。」と。

 

予想もしてなかったので、エっ?て感じで驚きに包まれていました。

そして、センサーを見せてもらったら綺麗に傷だと思っていたものが無くなっているではないですか!

 

おそらく、ノズルに付いていた溶剤か何かがセンサーに付着したのではないかとの事でした。

いや〜、本当に安心しました。本当に良かったです。

 

そう思っていたら、「少し待ってもらってたら軽めに掃除しますんで。」

と言われたので、「お金払います!」

 

と答えたのですが、「簡単なんで大丈夫ですよ」と笑顔で答えてくれました。

いや〜、これが俗に言う神対応ってやつでしょうか!

 

本当に感謝です!

 

また、やはりエアダスターはガスが出るので便利だけどできるなら使わない方が良いとの事。

今後は使わないようにしたいと思います。

 

ブロアーで吹き飛ばせれないホコリは、センサー用にペンの先に樹脂を付けたものがありそれでペタペタとホコリを取るのが良いそうです。

 

また話は変わりますが、溶剤でレンズクリーニングをする場合は何を使えば良いか質問してみました。

すると、「無水エタノールで拭いた後、3Mのノベックエーテルやハイパークリーン EE-6310でリンス拭き(だったかな?)をすれば良い。」

 

と答えてくれました。

エタノールだけだと油分しか取れず拭き残りが生じるそうです。

 

3Mのノベックエーテルを調べたらフッ素系のもののようで買う勇気が持てませんが、ハイパークリーンEE-6310は以前オリンパスさんが出していたとの事でした。

現在は、オリンパスさんは販売していないようですが、探せば分かりそうなのでこちらを今度購入してみようかなと思います。

 

軽めとは言っていましたが、センサー清掃を無料サービスしてもらった上に、色々と教えてもらって本当に有り難かったです。

LUMIXの操作性、静止画及び動画性能等は勿論、レンズバリエーションも豊富で満足していたのですが、今回サポートを受ける事になり本当にLUMIXにして良かったと思えた1日でした。

 

そして、折角LUMIXの修理工房に足を運んだので自分へのお土産がてらレンズクリーニングキットを購入して帰る事に。

今回は、ボディキャップが欲しかった事があり乾式セットを購入してみました。

 

f:id:RaishoKo:20180930204555j:plain

 

3,000円もするのですが、LUMIX純正が使いたくて前々から興味を持っていました。

修理工房でしか買えないと思っていたのですが、パナソニックストアさんでも買えるようですね。。。

ちょっと湿式にするんだったと後悔しましたが、いざ使ってみるととても使いやすい!

 

今までブロアーの威力が弱くてホコリがあまり取れなかったため、エアダスターに頼っていたのですが、このブロアーはサイズが大きいだけあって威力が強い!

これだとエアダスターに頼らなくても埃を飛ばせそうです!

 

そして、ハケも毛がしっかりしているのでしっかりとホコリを除けそうです。

ただ、毛がしっかりしているだけあって、傷つけそうなので(傷つかないとは思いますが)説明書をしっかり読んで使いたいと思います。

 

ブロアーとハケが別れているタイプは初めてなのですが、こちらの方がはっきり言って使いやすいですね。

何故、一体型になっているのかと今になって不思議に思っています。

 

ちなみに、このレンズクリーニングキットにはちゃんとした説明書がついています。

3,000円するだけあってしっかりしていますね。

 

そして、自分にとって盲点だったのがレンズポーチに似ているクリーニングキットケース。

これにまとめておけるので思ったよりとても便利です。

 

欲しいけど高いなぁ。と思っていたのですが買って良かったです。

それでは、最後に素敵になったセンサーの写真を載せておしまいにしたいと思います。

 

ご心配おかけして大変申し訳ありませんでした。

この通りセンサーがすっかり綺麗になって戻ってきてくれました。

 

f:id:RaishoKo:20180930205808j:plain

 

皆さん本当にありがとうございました!

 

最新記事一覧

lumixdeiko.hatenablog.com

 スポンサーサイト

Velbon ULTRA 353 mini Q を購入して試し撮りをしてみました。

こんばんは。コウです。

2回にわたり、ベルボンさんの商品の紹介になります。

 

今回は、ミニ三脚や卓上三脚の部類の商品ですね。

このタイミングで購入するつもりではなかったのですが、アマゾンで20%OFFで販売していたので衝動買いしてしまいました。。。

 

購入したのは、「ULTRA 353 mini Q」という商品になります。

これは、どうやら海外製品のようですね。

 

国内では、ULTRA 353 mini の Qなしが売られています。

違いはQがクイックシュー式のQHD-33M、QなしがQHD-33のネジ式の雲台になっています。

 

雲台の価格差は2〜3千円ほどありクイックシュー付きの方がやはり高価になります。

それが、20%OFFクーポンを使う事で、600円程度の差額で買えてしまうため、思わず購入してしまいました。

 

現在ブログを書いている時点でもクーポンがまだ使えるようですので、興味のある方はどうぞご利用下さい。

Velbon ULTRA 353 mini Q

 

という訳で、レビューいってみましょう。

まずは見た目から。

 

Velbon ULTRA 353 mini Q の外観

f:id:RaishoKo:20180922203928j:plain

 

海外製の正式な製品のようでちゃんとしたパッケージに入っています。

ただ、基本的に英語使用になっています。

 

最低高

f:id:RaishoKo:20180922204204j:plain

 

比較は手元にあったエナジードリンクの缶です。

日本製の製品らしくセンターポールを外して最低高にする事ができます。

 

予想できる方もいらっしゃると思いますが、マクロ撮影用三脚として購入しました。

この低さと脚の短さは使いやすそうだなと思っています。

 

全高

f:id:RaishoKo:20180923010503j:plain

 

脚は5段になっていて、全高は47.2cmまで伸びます。

伸縮比はありますが、出来ればもっと欲しいところですね。

 

ただ、座っての記念撮影ならちょうど良い高さかと。

お花見などには使えそうですね。

 

畳んだ時

f:id:RaishoKo:20180923010926j:plain

 

モンスターの一回り大きいぐらいでしょうか?

リュックのサイドポケットには入るサイズだと思います。

 

UT-453Qとの比較

(UT-45の雲台をQHD-U5Dに変更したもの:ネーミングは勝手にしました)

f:id:RaishoKo:20180923011420j:plain

 

スポンジは巻いていますが、やはり4型の三脚と比べると細いですね。

大きさも全高150cm以上になるUT-453Qと比べると小さいです。

 

最低高の比較

f:id:RaishoKo:20180923011842j:plain

 

何故 ULTRA miniシリーズを購入したか。

それはUTシリーズの最低高にあります。

 

UTシリーズは最低高が35cm程度で低いアングルでの撮影は困難なためです。

そのため、三脚を二台持ちしたかったので最軽量の ULTRA 353 miniシリーズを購入した訳です。

 

マクロ撮影用

f:id:RaishoKo:20180923012216j:plain

 

さらにマクロ撮影用にVelbon のスーパーマグスライダーを装着。

雲台はワンランク大きなQHD-43D Nに変更しています。

 

このマグスライダーは前後左右の調整ができるタイプになりますので、QHD-33Mだと支えるのがかなり厳しくなってしまいます。

脚が細いと思っても、雲台をワンサイズ大きなものにすると以外と解決する事があります。

 

コウはこのマグスライダーを中古で購入しましたが、新品で購入する場合は、マクロキットが販売されているのでそちらを購入した方がお得ではあります。

 

 Velbon マクロキットⅡ

 Velbon マクロキットプロⅡ

 

ノンプロ版のマクロキットは、Ultra353の脚に前後のみのスライダーのセットで、プロ版はUltra453の脚に左右前後のスライダーのセットになります。

ちなみにレフ板はリバーシブルタイプなので、見た目違いますがどちらのセットも同じレフ板だと思います。

 

ノンプロ版とプロ版は脚で200g、スライダーで200gの差があり、計400g程度差があるため結構重量差は大きいです。

また、おそらくかなり嵩張るかと思います。

 

そのため、コウはUltra353の脚に前後左右のスライダーが理想的なのですが、セットでは売っていないので、バラ買いになってしまいました。

 

まぁ、それはそうと作例にいってみたいと思います。

当然、マクロ撮影になります。

 

LEICA DG MACRO 45mm | 作例1

LEICA 45mm | 作例 | 20180924-1

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F8.0, 1/60, 90mm(35mm換算)


花はガーベラのオレンジとピンクです。

今回の記事は全て同じ花を用いました。

 

また、水滴写真で有名な浅井美紀さんの撮り方を参考にさせてもらいました。

ただ、本ではなくネットにあるものを参考にさせてもらいました。

www.sony.jp

 

それにしても、色んな事を試されていて感心しますね。

撮影テクニックの本も出ていますので、今度購入してみようかと思っています。

 

 ちなみにこの写真は、Twitterにあげたものに似ていますが、こちらはフラッシュでバウンス撮影を行っています。

まぁ、浅井さんの真似をし過ぎてもアレなんで自分らしさも出さないとですね。

 

LEICA DG MACRO 45mm | 作例2

LEICA 45mm | 作例 | 20180924-2

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F4.0, 1/10, 90mm(35mm換算)

 

次の作例は浅井さんの撮り方を真似てみました。

ピンクのセロハンをクシャクシャにしてLEDライトを当てることにより玉ボケを作る。

 

想像通りにコントロールする事は難しかったですが、なるほどと。

かなり面白い玉ボケを作ることができました。

 

こちらはストロボを使用せずに撮影しました。

 

LEICA DG MACRO 45mm | 作例3

LEICA 45mm | 作例 | 20180924-3

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F10, 1/60, 90mm(35mm換算)

 

こちらは水滴に後ろの花を映した作例になりますね。

35mm換算で2倍の倍率で撮影しているためでしょうか?

 

2つの水滴に移った花が真ん中しかピントがあってませんね。。。

まだ研究が必要のようです。

 

こちらも天井バウンスを行って撮影しました。

また、色温度を低めにして青味を出すことで幻想感を出してみました。

 

LEICA DG MACRO 45mm | 作例4

LEICA 45mm | 作例 | 20180924-4

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F4.0, 1/15, 90mm(35mm換算)

 

こちらはLEICAレンズらしい柔らかさを出せたかなと。

絞り開放と悩みましたが、かなり寄っているので一段絞ったものを採用しました。

 

F4.0だと水滴もプルプル感が残っていて面白いですね。

同じく天井バウンス撮影です。

 

LEICA DG MACRO 45mm | 作例5

LEICA 45mm | 作例 | 20180924-5

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F5.6, 1/60, 90mm(35mm換算)

 

こちらはTwitterにあげた写真と同じ写真ですね。

もっと絞った方が良かったなと反省。

 

ただ柔さかも出したかったので絞り値の設定は研究が必要のようですね。

同じく天井バウンスを行いました。

 

作例を見てもらってわかるように、テーブルフォトにも十分に使える三脚だと分かってもらえたと思います。

また、スーパーマグスライダーは綿密なピント合わせにはあるととても便利だなと思いました。

 

本当は屋外で使用したいのですが、腰が痛いので今は無理かと。。。

まぁ、でもテーブルフォトでは使いやすい三脚だと伝われば嬉しいですね。

 

あと何日間20%0FFクーポンが使えるかわかりませんが、興味がある方は是非!

今回紹介した機材

Velbon ULTRA 353 mini Q

 Velbon Super Mag Slider

 Velbon QHD-43D N

 

関連記事リンク等

最新記事一覧

lumixdeiko.hatenablog.com

 

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 作例 まとめ記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

外付けストロボ DMW-FL200Lの記事

lumixdeiko.hatenablog.com

 

使用したカメラとレンズ 

LUMIX G8

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

カメラのキタムラ 新品/中古品情報

楽天市場 最安ショップ情報(新品/中古品)

Yahooショッピング 最安ショップ情報(中古品含む)
lumixdeiko.hatenablog.com

lumixdeiko.hatenablog.com

 スポンサーサイト